スキンケアの基本と言えば保湿

スキンケアの基本は保湿です。最近よく耳にするようになった敏感肌ですが、実は敏感肌とは乾燥肌であると言っても過言ではないのです。肌は角質層によって外部刺激から守られ、また肌内部の水分が蒸発することを防いでいます。しかし、この角質層の水分が不足し乾燥した状態となると、肌は外部刺激から直接さらされ、しかも肌内部の水分が蒸発してしまい、さらに乾燥が進み、敏感肌となってしまうのです。そうならないように保湿は大事なのです。
保湿というと化粧水のイメージを持たれている方がおられますが、実は化粧水自体では保湿はできません。化粧水とは水分を補給するのではなく、角質を整え、次にくる美容液などの成分の浸透率を高める働きがあるものなのです。つまり、化粧水だけでは保湿はできません。化粧水、美容液、そして乳液で肌にふたをするというスキンケアを行うことで、保湿が完了するのです。
よくやりがちな間違いが化粧水をスプレーでシュッとする方法です。仕事の合間など乾燥しているかなというときに、顔にひと吹きしている方がおられますがあれば間違いです。シュッとした瞬間は潤いますが、実はその化粧水が蒸発する過程で肌にある水分まで持って行かれてしまうのです。つまり、シュッとする前よりも乾燥してしまうわけなのです。それならなぜそんな商品が販売されているのかと疑問に思う方も多いでしょう。それは正しい使い方があるのです。シュッとした後に乳液やクリーム、オイルなどでその水分を閉じ込めればいいわけです。ただ、メイクをしている女性がほとんどでしょうので、この方法は難しいかもしれません。つまり、これは家でノーメイクの時に使うのがベストなのです。"